フェラチオでうつる主な性病は、淋病とクラミジアが一番多いと言われています。

その中でも、最近急増しているのが淋病です。

淋病の感染率が高く、1回の性交渉でうつる確率は50%といわれています。

男性で感染が急増している原因は、オーラルセックス(フェラチオ)による感染です。

淋病は、性器以外に喉や口にも感染します。

ですから、咽頭淋病に感染した女性が、オーラルセックス(フェラチオ)をすることで、性器に感染してしまうのです。

そこで、淋病はどんな症状なのか、どんな検査をするのか、感染した時の治療法についてお話します。

<目次>
・淋病に感染した時の症状とは?

・とても簡単!淋病の検査方法!

・淋病に感染時の治療法!






淋病に感染した時の症状とは?

では、淋病に感染した時の症状についてお話します。

男性の場合は、尿道から、次々と白っぽい膿が溢れでてきます。

また、おしっこをするとき、ものすごい痛みを感じます。

女性の場合は、症状がでないことが多く、放置しがちで、進行が進むと子宮の奥や卵管に進み不妊の原因になります。

また、感染したまま出産すると、産道で赤ちゃんに感染するので、妊娠時には性病検査が実施されるのです。

性器以外にも喉に感染するのが咽頭淋菌です。

女性の場合、性器淋病に感染している人の約3割から7割の方が感染しているとのデーターもあります。

症状は、のどの痛み、腫れ、咳、発熱などの風邪のような症状がでます。

見知らぬ相手と性交渉した、淋病に似た症状が発症している人は、すぐに検査をすることをオススメします。


匿名で検査ができる!オススメの検査キットサービス→予防会の郵送検査キット

予防会の郵送検査キットサービスは、公式サイトから簡単に、症状や感性内容から検査キットが探せます。 詳しくはこちら>>

とても簡単!淋病の検査方法!

では、淋病の検査についてお話します。

検査は、病院(泌尿器科・産婦人科)・保健所・郵送検査キットがあります。

保健所は、検査を実施しているところと、していないところがありますので、事前に確認してください。

病院の場合は、まず問診から始まります。

問診後、性器淋病は尿の検査となります。

咽頭淋病の検査は、うがい液でうがいして、そのうがいした液を検査します。

保健所の検査もほぼ同じです。

次に郵送検査キット検査ですが、検査会社から、検査キットが送られてきます。

性器淋病は尿の摂取、咽頭淋病はうがい液でうがいした液を検査します。

採取した尿やうがい液を、送られてきた専用の容器に入れて、送り返します。

後日(3~7日)、サイト及びメールで検査結果がわかります。

郵送検査キット検査は、匿名でも検査を受けることができ、いつでもすぐに検査できますから、最近はよく利用されるようです。


自宅で誰にも知られず簡単に検査できる!郵送検査キット!!




 

「もしかしたら・・・?」「あの時・・・?」「でも病院に行くのはちょっと・・・」というあなたにおこたえする、自宅で誰にも知られずにできる性病の郵送検査です。


予防会の郵送検査キット
公式サイトから、簡単に症状や感性内容から検査キットが探せます。 詳しくはこちら>>

淋病に感染時の治療法!

病院で検査されれば、その日の陰性、陽性がわかります。

もし、淋病に感染していれば、その日に処方してくれます。

まず、1週間分の抗生物質の薬を服用します。

1週間後、再度検査し、以上がなければ治療は終了です。

ほとんどの人が、1周間の抗生物質を服用すれば完治します。

 

郵送検査で、感染が判明した場合は、検査会社が提携している病院を紹介してくれます。

また、お近くの泌尿器科・産婦人科での再度検査をオススメします。




自宅で誰にも知られず簡単に検査できる!郵送検査キット!!!
「もしかしたら・・・?」「あの時・・・?」「でも病院に行くのはちょっと・・・」というあなたにおこたえする、自宅で誰にも知られずにできる性病の郵送検査です。


 

 

関連記事→ディープキスでうつる性病クラミジア!とても簡単な検査方法です。





このページの先頭へ