HIV感染症、エイズです。

エイズは、日本に上陸した当初は、同性愛者の間で感染が広まっていきました。

しかし、現在においては、異性間の感染が急速に増えています。

世界では、感染の7割が、異性間のセックスによる感染となっているのです。

日本はどうでしょう。

日本は、先進国の中で唯一、エイズが増加しています。

感染を予防するのも大切ですが、うつさないことも重要です。

エイズ感染の初期症状を知ることで2次感染を未然に防ぐことができます。

そこで、エイズ感染についてお話します。


<目次>

・エイズ感染は異性間セックスで急速に増えている

・エイズ感染の初期症状!

・エイズが感染を広げないための予防策!

・もしかと思ったら!早めのエイズ検査を!

・エイズ感染した時の治療法!





エイズ感染は異性間セックスで急速に増えている

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)というウ イルスに感染して起こる病気。感染しても およそ10年間は、症状が出ません。

また、1回のセックスでうつる確率は0.1~1.0%と、感染力はさほど強くはありません。

発病してさまざまな症状が出てきた状態を、エイズといいます。

日本に上陸した当初は、同性愛者の病気 という偏見があり、その後「薬害エイズ事 件」では血液製剤による被害が話題となりました。

でも、いまや異性間の感染が急速に増えているのが現状です。

全世界では感染者の7割が、異性間のセックスによる感染となっているのです。

エイズ感染の初期症状!

感染から6~8週ごろに、発熱や倦怠感、のどの痛みやリンパ節のはれなど、風邪のような症状があらわれますが、気づかない人も多く、あっても数週間で消えてしまいます。

その後数年、潜伏期が続きます。

潜伏期のあいだも、体力や抵抗力の低下などによって、下痢や発熱、全身のリンパ節のはれなどが起こります。
発病すると原虫が原因のカリニ肺炎、カポジ肉腫という特別な腫瘍などに侵され、全身が衰弱していきます。

エイズが感染を広げないための予防策!

潜伏期であっても、体内ではウイルスが複製され、血液や精液、膣分泌液、母乳の中に存在しています。

ウイルスの感染力自体は弱いので、日常生活での感染の心配はほぼないのですが、セックスによって粘膜や皮膚が傷つき、傷に感染者の血液や体液が触れると、そこからウイルスが侵入して感染します。

口やのどに傷があれば、オーラルセックスでも感染します。

予防策は、セックスのときには必ずコンドームを使い、傷をつけたり、出血を伴うようなセックスを避けることです。

汗や唾液、尿などでは感染しないので、普通の生活は充分ともにすることができます。

正しい知識を持ち、むやみな偏見を持たないことも大事です。

もしかと思ったら!早めのエイズ検査を!

感染しているかどうかは血液検査でわかります。

血液中にHIV抗体があるかどうか(陽性か陰性か)を調べますが、感染してから抗体ができるまで6週間~3ヵ月ほどかかります。

検査が早すぎると、感染していても陰性になることがあるので、できれば感染機会から3ヵ月を待って受けるようにしましょう。

検査は保健所で無料・匿名で受けられます。

5~10分で終わり、2週間後に結果がわかります。結果が陽性のときは、確認検査が行われます。

エイズ感染した時の治療法!

HIV感染症には、今のところ特効薬はありませんが、抗ウイルス剤をのむことによって、発症を遅らせることができます。

3剤併用の薬を8時間ごとにのみつづけなければならなかったり、副作用があるなどの負担はありますが、薬はどんどんよくなっており、根気よく続けながら、特効薬の開発を待つことも可能になっています。

妊娠すると病気の進行が早くなったり、感染症にかかりやすくなります。

胎児への感染率は25~30%ですが、妊娠中に抗ウイルス剤をのむと、感染率を下げることができます。

出産時の産道感染は、帝王切開によって防ぐことができます。

 

 

トリコモナスは女性が感染すると不妊症の原因に!関連サイト→






このページの先頭へ